ここからのページはネタバレを前提としております。

あ行

アークス
端的に言えば、PSO2のプレイヤーキャラクター達を指す。
プレイヤーが所属することになるオラクルの宇宙連合軍で、発見された惑星の調査と交流を受け持っている。
ただし実際やっていることは、敵対者を虐殺し続ける侵略行為めいたものであろうが軍に所属する者たちの殆どが、
フォトンを操る能力を持っており、特にプレイヤーたち「第三世代」のそれはどんな状況にも対応しうる程である。
後は試験や実績などで力量を示せば、調査範囲の拡大*1や、マグライセンスなどが認められる形となる。
ただその裏を返せば、どれほどの力量を示そうがフォトン適性がない限りここへの所属は認められないということが一般員との会話で明らかになっている。
それは関連職員も例外なくアークス(緊急招集時の予備軍扱い)であることが求められ、「才」がない一般員が関与することは困難である。
アークスキャッシュ
ゲーム内での仮想課金通貨で、略語はAC。
将来的に展開されるすべてのプラットフォームで共通となる。
アークスシップ
プレイヤーキャラを含め、アークスの生活の場となる宇宙船。
約70kmほどの大きさで、中央のドーム部分がロビーやマイルームなどといった居住地区として機能しており、
アークスの戦闘員や非戦闘員などあわせて、1隻約100万人が生活している。
複数のアークスシップ、ここから発進するキャンプシップが編隊を組みながら、マザーシップの前を航行している様が見られている。
緊急クエストの舞台でもある市街地フィールドもアークスシップ内に存在する。
内部には海洋地区や農業地区があるが、用が無い者(作業従事者以外)は立ち入ることは出来ない。
また、アークスシップ百二十八番艦『テミス』の存在が確認されたため、少なくともアークスシップだけで128隻は存在する模様*2
アークス本部
コフィーを通じ、アークスたちに様々な許可を与えている。
アークスロビー
アークスシップ居住地区内のロビーは、
上層にはクエストカウンターやスペースゲートがあるゲートエリア
下層には各種ショップや休憩所があるショップエリアがある。
中心部にはエレベーターが3基設置して上下を行き来する。*3
アイテム鑑定ショップ
アークスシップの施設。ドロップする武器は「スペシャルウェポン」として出現することがあり、
それらはメセタを払い鑑定することで名称及びパラメータの詳細が判明する。
なおその際、ランダムな特殊能力一つとある程度の強化値が設定されるのに加え、
任意の属性と専用の特殊能力一つを選択して付加できる。
アイテムパック
プレイヤーキャラクターの手持ちアイテム欄。
コスチュームのどこかしらにアイテムパックなどを所持する場所があったりなどちゃんと存在する。
海外ゲームでは「インベントリ(Inventory)」と呼ばれることもある。
赤箱
赤く表示されたアイテム。
レアリティを示す★が7個以上となっている物は赤いシンボルで表示されるが、
そのうち特殊能力と強化値が予め設定されている武器は”スペシャルウェポン”となり、赤いアイテムボックスの形で表示される。
アクションパレット
武器とそれに関連付けるフォトンアーツを設定する箇所。
それぞれ武器3個*対応PA3種類のマスが用意されており、
通常攻撃の段数に対応するフォトンアーツを組み込んでオリジナルコンボを作り上げることが可能。
アクティブスキル
クラススキルのうち、サブパレットに登録してプレイヤーが任意に発動するタイプのスキルの通称。
多くはパラメータを一時的に左右するものだが、レンジャーのものは特殊攻撃を繰り出し敵を妨害する物がほとんど。
アブダクション
優秀なアークスが、ダーカーによってその巣窟に拉致される。位置情報が不明でありエリア名も文字化けしていたりなど謎が多い、またエリア内は非常に敵が多く難易度が高い。また拉致された時アークスのクローンを作られてしまう。
アムドゥスキア
大陸が内核より大きく剥離したような風貌を持つ、マグマの熱気と強力な磁気に包まれた惑星で、
活発な火山活動と地殻変動が絶えず巻き起こる危険な場所が多い火山洞窟浮遊大陸のフィールドを持つ。
ここに生息している龍族は多種多様で、ディーニアン族といった文明と言語を持つ種族も存在するが、
そのいずれも排他意識が強くなっているためか、ダーカーのみならずアークスとも敵対しているのが現状である。

遺跡
惑星ナベリウスの奥地に存在するフィールド。2012年11月追加。
凍土から見えた紫の幹の巨木が、よくよく見ると人工物だと分かるほどに接近する場所である。
凍土や森林のエネミーも登場するが、基本的にダーカーが闊歩している危険地帯である。
一時倉庫
Eトライアル成功時に得られる報酬アイテムを一時的に保管しておく役割を持つ倉庫。
報酬アイテムはキャラクターのアイテムパックに空きがない場合
自動的に基本倉庫に送られるが、基本倉庫にも空きがない場合は一時倉庫に送られる。
アイテムパック・基本倉庫・一時倉庫全てに空きがない状態で報酬アイテムが発生した場合、
一時倉庫にあるアイテムの中で古いものから順に消滅し、新しい報酬アイテムが送られる。
一般員
オラクルの船団に居住する非戦闘員。いわゆる一般市民と同義。
オラクル内において、どれだけの比重で存在しているかは不明。
その多くはフォトンを扱う「才」を持たず、アークスに所属し得なかった者も多数含まれている。
中にはエメラインのようにアークスに惑星でのオーダーを依頼する者もいるため、
アークス以外は生活圏の船から出る手段がないことが伺われる。*4
彼らは普段、食品管理や製品開発などを行い、アークスたちが帰るアークスシップの生活圏を維持、支えている。
イベントフィールド
クエスト中でNPCアークスと遭遇したという設定の会話イベント。世界観などを断片的に知ることができる。
中には、マターボードのクリア条件となっているものがある。
また触れるとEトライアルなどが解除されるため注意が必要である
インタラプトイベント
クエスト中に突発的に発生するハプニングのこと。
単に敵を殲滅させるものから、キャラを救出/護衛するといったEトライアルを伴い、
それらはパーティー人数が多いほど突破が難しくなる傾向にある。

ウィークバレット
レンジャー用スキル。
ライフルの通常攻撃が一定回数だけ単発弾に置き換わり、ヒットさせた箇所の防御力を一時的に減少させる。
耐久力が高い巨大な個体に対して、上手く攻撃しやすい箇所にヒットさせられると、一気にダメージを稼ぐことが出来る。
ヴォル・ドラゴン
アムドゥスキアの火山洞窟最深部に生息する強大な火竜。
全てを焼きつくす火炎を自在に操る能力と、オラクル/アークスの言語を解する程の知能を併せ持つ。
歌姫
市民層に人気の歌姫。慰問でアークスロビーに訪れる可能性をレダが話してくれる。*5
ウォンド
2012年9月実装。ロッドより短く、より打撃戦に向いた短杖。
因みに英語表記はWandで、本来の発音はワンド。
裏パレット
キーボードの「Shift」キーに当たるボタンを押すことで切り替えることができ、「一度押すと表パレットと裏パレットが切り替わる」もしくは「ボタンを押しているときだけ切り替わる」をオプションで設定可能。
なおハンター・ファイター・ガンナー専用武器は、ガード・特殊攻撃・特殊回避などの特殊行動が割り振られているため、裏パレットは存在しない。
ヴィスボルト
ダーカーが使う天候兵器、エマージェンシートライアルで出現する。
プレイヤーの周囲に黒い稲妻を落とす兵器、当たるとダメージを食らう他稀に毒状態にもなる。
周囲にダーカーが出現し倒せば落雷範囲が減る、一定時間経過すればクリアとなる。

エドモンド
ヴォルガーダのこと。別名力士。*6
文字通り力士ばりの張り手やフライング突撃する様から、ストリートファイターシリーズのエドモンド本田を髣髴とさせる。
エステ
クローズドβから実装されることになった。
プレイヤーの容姿を後から変更することが出来る施設。アクセサリーの装着は無料、体型変更は有料である。
また体型変更をしたあと一時間だけならば再編集が可能なので気に入らなければまた変更が出来る
エネミー
PSO2における敵の総称。
フィールドで通常エンカウントする「エネミー」の他、ダーカーの侵食によって狂化された「ブーストエネミー」、
極稀にしか出現しない「レアエネミー」、フィールド深部に立ち塞がる「ボスエネミー」などに大別される。
エネミーウェポン
エネミーの一部分を模り、その性質も受け継いだユニークな武器の総通称。ドロップ品として入手できるが、現状ではハードモード以上のみのドロップ。
エマージェンシー
トライアル
クエスト中に突然発生するインタラプトイベントのこと。課題をクリアすれば、報酬として大量の経験値とアイテムが手に入る。
マップの最後に出現するものはそのままクエストのクリア条件となっていることもある。
内容は殲滅や防衛、アイテム調査や回収、民族交流まで様々である

オートワード
レベルアップ等のイベント発生時や攻撃時などに、自動的にパーティー発言を流せる機能。PSPo2iより。
コミュニティのオートワード設定から、それぞれ3通りまで設定できる。
人格ロールプレイ(何らかのキャラを演じる事)などにも効果を発揮する。
オラクル
ヒューマン・キャスト・ニューマンの三種族で構成されている惑星間航行船団の通称。
主にアークスたちの生活の場でもありシティを内包する『アークスシップ』(複数存在する)、船団のシンボルにして中枢である『マザーシップ』がOPムービーで存在を確認されている。
尚、本来のオラクル(英単語の綴りはOracle)という言葉には預言、神託、託宣・神の言葉または、それを受け取る人(預言者/巫女)・場所(神託所)という意味が含まれているようだ…。

か行

肩越し視点
TPS?視点とも言う。
これに切り替わるとロックオンができなくなる代わりに、
マウスで自由に射点を調整できる他、敵の弱点を狙い打つことが可能。
火山洞窟
惑星アムドゥスキアのフィールド。ディーニアンといった龍族が生息する。
また深部にはキャタドランやヴォル・ドラゴンといった巨大な種族が生息しており、それらの脅威度は極めて高い。*7
カッシーナ
どうやらアムドゥスキア龍族に伝わる、神話の地獄龍*8のことらしい。
同族を侵すことは著しい掟の侵犯であり、掟を破ったものは悉くカッシーナの元へ生贄として送られるそうだ。
転じて、地獄龍が住まうとされる地=火山洞窟もカッシーナと呼ばれている。
ガメラ
ダーカー系ボス、ゼッシュレイダのこと。甲羅に引っ込むと回転するなど、その行動が似ているためか。
頑強
攻撃を受けても食らいモーション(のけぞり等)が発生しない状態のこと。
敵のほとんどの攻撃中と、すべてのボスに適用される。
いわゆるスーパーアーマーのことだが、ファンタシースターシリーズではこちらが公式に使われる用語となっている。
ガンスラッシュ
アークスの標準装備で、どのクラスでも使用できる武器系統・銃剣。
その名の通り、剣撃と銃撃を使い分けることが可能。PA含め総じて攻撃距離・範囲は小さいが、その威力は折り紙つき。
PSZの銃剣に影響されている節がところどころに見られ、同名の武器とPAが登場している。
ガンナー
クラスの一種。2012年9月実装。レンジャーをLv.30まで上げると選択可能になるクエストが受けられる。
より攻撃に特化したクラス。近距離、中距離で活躍ができ、スキル、チェイントリガーを使えば非常に高い火力が出せる。
また回避中に攻撃が出来るスタイリッシュロールが使え攻撃を絶え間なく行える。
使用可能武器はツインマシンガンとアサルトライフルのみ。
カースセントリー
ダーカーによって侵された自動銃座、ダメージは1だがポイズンが入る上衝撃が強く攻撃がブレる為早めに破壊したほうが楽である

輝石
交換アイテム。現在確認されているのは、虹輝石イリティスタ、炎輝石アグニ、風輝石ヴァーユ、地輝石プリティヴィー。
機甲種
惑星リリーパに現れるロボット。
主を失っても尚稼動し、外敵であるダーカーやアークスと戦い続けている。
ビームなどの射撃兵装を備える他、コアが破壊されない限りバラバラになっても迫ってくる機種も存在する。
射撃防御を高めていれば、ある程度致命傷を避けやすい。
キャンプシップ
クエスト受注後の準備エリア。
共有倉庫や簡易アイテムショップ、クエストカウンターが装備されており、奥のテレプールに入ることで対象のフィールドに突入する。
設定上、キャンプシップの床下には小型の戦闘機が収納されており、空間転移機能も備えているようだ。
また宇宙のみならず大気圏内の活動も視野に入れているため、迷彩処理が施されている。
キャスト
機械の身体を持つ種族。
他種族より精神力で劣るためテクニックは不得手とされるが、
精密な武器操作による高い技量と強固な装甲による高い防御力の両立はそれを補ってなお余りある。

クライアントオーダー
NPCキャラから受ける依頼で、大量のEXPとメセタの追加報酬を得られる他、
クエストの開放・マターボードや、マグ・パレット・クラス関連といった重要なファクターの使用条件ともなっている。
グラインダー
装備の強化に必要なアイテム。★6で、レアエネミーからのドロップやEトライアル報酬として手に入る。*9
「~を磨く, 研ぐ」という意味を持つ英単語grindが語源。
クラス
職種。正式サービスイン時でハンターレンジャーフォースの3職種があり、2012年9月のアップデートでファイターガンナーテクターの新しい3職種が追加された。
また2012年10月より、サブクラスという形で副職のクラスを兼任できるシステムが実装された。詳細はサブクラス
クラリッサ
ジグが手がけていた、破損武器の名称である模様。
またクラリスクレイスも黒いクラリッサを所持しているが関係性は不明である
クラリッサは、典型的な小惑星として存在する。名前の由来は女性名である以外は不明である。
クロームドラゴン
暴走龍とも呼ばれる。ダーカーも原生種も食らって自身を強化する特性がある。
PSVita専用ブロックか、PC&PSVita共有ブロックにて遭遇できる。一度遭遇してしまえば、PC版でも遭遇できる。
クローンアークス
ダーカーによってアブダクションされたアークスの模倣体。エマージェンシーで出現する。
知能はやや残念だがオリジナルより遥かにHPがあり、使用するスキルやクラスによっては苦戦を強いられるだろう。

ゲートエリア
クエスト受注やキャンプシップへの移動のほか、クラススキルを習得したり、
ブロック/マイルーム移動、ビジフォン利用などを行うことができる。言い換えるなら総合待合室。
研究部
アークスの研究部。実験に関していえば良くない噂もある。最近、何らかの事故を起こしたそうだが……。
研修生
SPACE ALLIED TRAINING SCHOOL に入学しているアークスの卵。
ここから修了任務を経て正式なアークスになる。
原生生物
各惑星に元来生息する生物。大半がアークスに襲いかかるが、それらは例外なくダーカーにも攻撃を仕掛ける事が確認されている。
単に原生生物といった場合、ナベリウスの種を指すことが多い。
大抵はダーカーの侵食、またはその間接的な影響を受けて凶暴化しており、特にそれが直接的・極端な個体は「侵食核」つきのブーストエネミーとなる。

コンテナ
フィールドに配置されている正方形の箱。緑<青<黄<赤の順に出る頻度が違う。
攻撃すると破壊することができ、メセタや回復アイテム、装備、PAディスクなどを取り出すことが出来る。
まれに浮遊機雷が仕掛けられている事があるので、予め射撃で破壊したほうがベター。
なお、赤いコンテナは「レアコンテナ」とされ、ランキングにおいてカウントされる他、接近時に音が一度鳴る。

さ行

サークルレーザー
ゆっくりと広がる同心円状のフォトンビームを一定間隔ごとに照射し続ける装置。
赤く侵蝕されたトラップとして出現することがあり、この際は上に飛び乗ってアクセスすることで奪還できる。
砂漠
惑星リリーパのフィールド。プレオープンβテストに限定クエストを実装し、オープンβテストに正式実装。
ここではエル・アーダや、グワナーダといった危険度の高いダーカーや機甲種が出現する。
サブクラス
2012年10月10日実装。
メインクラス以外のクラスをサブクラスに設定すると、ステータスの能力値が少し加算され、
スキル、フォトンアーツ/テクニックが使用可能になる。
ただし、サブクラスの武器は装備できないのでPA/テク使用時はクラス共通装備に切り替える必要がある。
サブパレット
キーボードの1~0キー(キーコンフィグで変更可能)には、
消費アイテム、テクニック、一部のクラススキル等を割り当て、任意のタイミングで使用できる。
ゲームパッドの場合は方向キーの左右でカーソルを移動し、サブパレット実行ボタンで使用する。
初期状態では最大3つのサブパレットのセットを登録可能。
三英雄
六芒均衡のうち特に有名な3人を指し、「アークスの中のアークス」と讃えられる。
歴史そのものは浅いが、この存在自体がシンボルの役割を担っているため、彼らに限って襲名制が用いられる。
AP238年時点では、初代「レギアス」、2代目「カスラ」、3代目「クラリスクレイス」が確認されている。
中でも代替わりしていないレギアスは生きる伝説とまで言われ、三英雄の生まれる理由にもなったという。

シームレスウェザー
今作ではフィールドのコンディションが絶えず変化し続けるようになっている。
例えば惑星ナベリウスの森林地帯では天候の変化が激しく、
雨が降るとフィールド上に落雷が起こったり、フィールドの川が増水して流されることがある。
市街地
クローズドβテストで実装されたフィールドだが、緊急クエストによる一時間しか開放されない。
ダーカーの襲撃を受けたアークスシップの市街地にアークス以外の人影はなく、
乗り物や建物も破壊され、一部は床が抜けるなど、凄惨たる様相を呈している。
道路傍の端末にアクセスすると、道路から防衛機構が迫り出す。エラーを起こした防衛機構はこちらに銃口を向けることも……。
深部にて到達する広大なスフィア・アリーナには、ダーク・ラグネが巣食っているため、
ここに至る緊急クエストを受注するアークス達はこれの迅速な討滅を目的とすることになる。
シップ
⇒Ship?
ジャストアタック
攻撃時、特定のタイミングで追加入力することで威力を若干上げることが出来る。
タイミングはキャラの周りのリングで示され、赤くなった時に入力すると発動。
武器ごとにタイミングは異なる。
ジャストガード
ハンター用スキル。修得して敵の攻撃を受ける直前にタイミングよくガードを行うと、
被ダメージと硬直を完全に無効化し、さらに攻撃してきた敵にダメージを与える。
ジャストカウンター
ハンター用スキル。ジャストガード成功時にもジャストアタックを発動できるようになる。
略称はJC?
修了任務
もしくは修了試験とも呼ばれる。試験生が指定された比較的安全な惑星に実際に降り立ち、任務を行った後、正式なアークスとして認められる。
この時点で試験生は戦闘経験は全くなく、基本的な動きはその場で訓練する形となる。いわゆるチュートリアル
ショップエリア
ブロック/マイルーム移動、ビジフォン利用に加え、武器の購入・強化やルームグッズの購入などを行うことができる。
PSUでのシティに相当し、ここは一般市民にも開放されている。
新光歴
オラクルの年号。略はA.P.。プレイヤーたちはこの暦の238年以降に参戦することになるが……。*10
シンセサイザー
武器の属性強化に必要なアイテム。★6で、レアエネミーからのドロップやEトライアル報酬として手に入る。*11
総合する、合成するという意味を持つsynthesizeが語源。因みに楽器のそれも「電子的にさまざまな音を合成する」という意味合いである。
森林
惑星ナベリウスの自然豊かなフィールド。
本来は温厚な性格の原生生物が多いため、殆どのアークスは此処で初陣を迎えることになる筈なのだが、
ダーカー出現により原生生物達の気性は荒くなっており、深部ではロックベアが最初の強敵として立ちはだかることになるだろう。

スイッチ
フィールド上にある仕掛けで、赤く点灯しているスイッチの上に乗ることで青く点灯し、フィールドバリアーが一つ解除される。
すぐに見つからなくても、スイッチが草むらのもとに設置されていることもある。
スキル
クラスごとに特有な、フォトンアーツとはまた異なる特殊能力。打撃武器のPAではない。
クラスごとのレベルが上昇すると習得できるようになる。
一部のスキルはサブパレットに登録し、任意のタイミングで発動させる。
スタイリッシュ入水
OPムービーでヒューマーがひねり一回転してテレプールに入ることを指している。*12
パルクールを取り入れた"スタイリッシュ障害物競走"を含め、その疾走感溢れる音楽などと相まって
強烈なインパクトを残し、ゲーム時でも同様なスタイリッシュアクションを望むアークスを多数生んだ。
スペシャルウェポン
いわゆる鑑定武器。アイテム鑑定ショップで鑑定してもらって初めて正体が判明する。
★7以上のレア武器に「ドロップ時に予め強化値が付加される」。*13
属性値は鑑定時に付加されるように変更になった。
スマートフォン版
iOSとAndroidに対応予定。PC版、PSvita版とデータを共有する簡易移植版。
素潜り
「フリーフィールド」クエストのこと。
元はPSO1にてクエストを受注せずにフィールドに出ることを指していた。

戦略OS
初期コスチュームの背部、もしくは腰部にセットされたシステム。現在設定画のみの情報だけである。
アークスやB.R.K.S(ショップの店員)のコスチュームに搭載され、中には小型化されたものもある。
外見はCDプレイヤーが服に張り付いているようにも見える。

創世器
採算度外視で作成されたプロトタイプのソード。
桁違いの性能で扱いきれなかったため、デチューンされたのが現在の武器の元である。
刀匠ジグはこの武器を作成するほどの腕に至ると思われたが、現在は知ってのとおりである。
ソード
PSO時代から存在する武器系統・大剣。
安定して高い威力を発揮できるが、通常攻撃の振りが比較的重めという欠点がある。
その代わり、PAはバリエーションに富み、対応性に優れる。
ギアを利用することで、継戦によってPAの性能を向上できる。

た行

ダーカー
侵食する悪意。何処にでも現れ、目的も不明。
血のように赤黒い気色を持ち、昆虫型やクワガタ、蜘蛛や魚、亀など多種多様な形で襲い掛かってくる。
他にも繭型や飛行型、侵食された戦闘兵器や彼ら独自の兵器などたくさんの種類が存在している。
また原生生物にも侵食していくが、アークスに対してだけは例外で、彼らの持つフォトンを狙い優先的に襲いかかる。
アークスシップにも乗り込むなど危険な存在。
原生生物とも共存しているわけではないので、たまに道中で原生生物と争っているダーカーを見ることができる。
きっちりダメージ判定もされるので、共倒れや弱ったところを狙うことも可能。
今回「ブーストエネミー」と呼ばれるものは、このダーカーが極度に侵蝕した個体となっている。
アークスはそのダーカーの侵食を受けないと言われているが、
そのアークス達が常用するフォトンを汚染する性質が確認されているため、危惧を抱くものが居ない訳ではない。
そして、海外公式サイトにて判明した英表記はよりにもよって「D-Arkers」であった……。
ダーカイム
ダーカーの環境汚染兵器、エマージェンシートライアルで現れる。
一定時間内に破壊出来なければ周囲にダメージゾーンを形成する。
第三世代
アークスにおけるプレイヤーたちの世代。
現状、アークスは「第二世代」と「第三世代」が混在している構成。
ゼノたちといった「第二世代」は適性でクラスが固定されるのだが、「第三世代」は自由にクラスを変更可能となっている。
どこで区分されているのかは未だ判明していない。
ダブルセイバー
2012年9月に実装した両剣。
持ち手の柄とその両端に刃があり、文字通りセイバーを柄の底で合体させた形状をしているシリーズおなじみの武器。
ファイターが装備可能で、手数と攻撃角度に物を言わせる殲滅戦を得意とする。
タリス
フォトンの世界では、アークスにおいて初めて確認された武装。
従来のカードに類似した導具で投擲攻撃もできるが、空中に設置しそこからテクニックを発動できる機能を備えている。
テクニック威力増強は若干弱め。
ダークファルス
とある場所に封印された闇の眷属、ナベリウスから出現したようだが…

地下坑道
惑星リリーパのフィールド。砂漠のもの以上に堅牢性が高い機甲種が存在し、変形兵器や、戦艦と見紛うほどの巨大兵器の機種も存在する。
一撃もそれなりに重く、特にマップの随所に配置されている爆弾の存在故に、常に即死の危険と隣り合わせといえる危険なフィールドである。
チャンネル
いわゆる、サーバーごとのログイン区分の俗称。PSOではBlock?と呼称される。
チェンジオーバー
エマージェンシートライアル終了時別の任務が更に入る時黄色い文字で現れる。
内容はボス出現やさらなる敵など難易度が若干高くなる。

ツインダガー
双小剣、ファイター専用武器。2012月9月実装。
セイバークラスの剣(小剣)を二振り構え空中戦に優れたスタイル。PAと通常攻撃を駆使すると非常に長い間滞空していられる。
特殊技は スピン、全方位にジャストガードが発生するためタイミング良く発動すればダメージを防げる、またギアも増加する
ツインマシンガン
双機銃、ガンナー専用武器。2012月9月実装。スタイリッシュ!
ライフルより小振りのサブマシンガンを、二丁両手に構えたスタイル。
特殊技はスタイリッシュロール、横と後ろに攻撃しながら回避できるアクションが使える。
近〜中距離で手数を以って圧倒する、レンジャーのウィークバレットとガンナーのチェイントリガーを使用すれば驚異的なダメージを叩き込める。スタイリッシュ!
つくし
キャタドランの俗称。胴体部分が伸び縮みする特性があり、伸び切った様がつくしに似ていることから。伸びている間は弱点丸出しなので高ダメージが狙える

テクター
クラスの一種。2012年9月実装。フォースをLv.30まで上げると選択可能になるクエストが受けられる。
フォースよりも近接に特化したクラス、使用武器はウォンド、タリス。ウォンドはギアを取得すると法撃爆発を使用でき、属性ダメージ+通常ダメージとなる。
またテクターは補助系に長けておりシフタやデバンドの効力を増加出来る。さらにテリトリーバーストというスキルを習得すれば補助系テクニックの範囲を1.5倍まで上げられるなど便利なスキルを持つ。
フォースと同じくスキルを使いHPを一時的に減らすことでPPを超回復させるPPコンバートなども使用出来る。
テクニック
フォースクラスのキャラが行使できる特殊なフォトンアーツ。
長射程・高威力を兼ね揃えた攻撃から、味方を回復・一時強化させるものまで、その種類は多岐に渡る。
テミス
アークスシップ百二十八番艦。その船の名前。
ジグの工房が存在する。
名の由来はギリシア神話の法と掟の女神で、ウラノスとガイアの娘。名の意味は古代ギリシャ語で『普遍なる掟』。また衛星(観測ミスにより実際には存在しなかった土星の衛星)や小惑星、人工衛星に名付けられていたりもする。
テリオトー
龍族における、浮遊大陸の名称。
テレプール
キャンプシップの奥に設置されている、クエストフィールドへの入り口。
一見すると水溜り(画質設定によっては本当に水溜り)だが、その先にテレポート先の景色が見える。
オープニングでのスタイリッシュ入水が印象的なこともあってか、
そのまま地味に入水する人、縁から滑って入水する人のほか、PAやジャンプ・回避行動で飛び込む人もいるとか。
空間許容限界を超えてしまうと使えなくなる(ダーカーが出現した時など)

凍土
正式サービスインと同時に実装されたフィールド。
森林と同じ惑星ナベリウスだが、こちらは生き物にとって苛酷な環境になっている。
故に原生生物の危険度もそちらと比べてかなり高く、スノウバンシー・スノウバンサーの存在は確認されている中でも脅威度が高い。
また、森林に近い距離であること、凍土の樹は針葉樹ではなく、広葉樹が多いことなどから、自然に生成されたとしては、おかしい部分がある。

な行

ナウラ3姉妹
時空を越えて商売するケーキ屋さん。
ナックル
鋼拳。2012年9月実装のファイター専用武器。
重い一撃を繰り出し、フットワークで超近距離戦を挑むインファイター向けの武器である。
ナベリウス
うっそうと茂る森林と、美しい河川の存在する、自然に包まれた惑星。
森林凍土遺跡のフィールドを持つ。
おとなしめの原生生物が生息するとして、修了任務など実地訓練に最適とされていたが……。

ニューマン
フォトンへの感応性を高められており、強大な精神力を備えるようになった種族。
それ故にテクニック・フォースの相性は絶大だが、身体能力が下落しているため耐久性は脆弱。
なお男性ニューマンの人口は他と比較にならないほどの圧倒的極少数。

沼男
男性ニューマンの某所発祥の俗称。ニューマン→ぬーまん→ぬま。
沼子
女性ニューマンの某所発祥の俗称。ニューマン→ぬーまん→ぬま。

 
 

野良パーティ
見ず知らずの人とパーティを組むこと。単に「野良」と言われることも多い。
ノンプレイヤー
キャラクター
Non-Player Character。プレイヤーでは無くコンピューターが制御している登場キャラクターのこと。
ロビー上で様々な役割を持つ他、クエスト・フィールドに登場する者もいる。(対) プレイヤーキャラクターPC?

は行

バーストドロップ
PSEバーストの効果。敵を倒すといくらかの確率で発動する。
パーティ
プレイヤー勢の一行の事。最大4人でチームを組んでクエストを進める。
マルチパーティエリアでは複数のパーティー、最大12人が同じマップ上で進行することがある。
パートナーカード
NPCより貰える。これをもらったNPCは、パートナー参加可のクエストにて呼び出せる。PCとも表記。またフレンド登録した相手のプレイヤーがフレンドパートナー登録をすると、同じようにNPCとして呼び出すことができる。
パッシブスキル
クラススキルのうち、習得するだけで常時効果が発揮されるスキルの通称。
パルチザン
範囲と速度を兼ね揃えた長刀。攻撃の終わり際やガード中にとるアクションはギアを充填しPAの範囲を広げる。
ハンター
内包フォトンの量が多く、他のクラスよりもHPが高く防御力の高い近接クラス。
要所要所で高威力連撃を叩き込む他に、前線に立ち敵の注意を引き付けたり、更に自身の耐久力を増して死亡率を下げる役目も持つようになった。豊富な種類にわたる打撃武器を操ることが出来る。
またハンターはダーカーなどの気を引くためコスチュームのどこかに目立つ色を取り入れている。
コスチュームは動きやすさを重視した軽装の服となっている。

ビジフォン
ロビーなどにある紫の(?)マークの端末。マイショップの利用とプレイヤーの検索を行える。
ヒューマン
キャラクターの基本となる種族。
突出した短所や長所は存在しないものの、全体的な能力のバランスは良く、
いかなるクラスでもこなせる万能性に富んでいる。

ファイター
クラスの一種。2012年9月実装。ハンターをLv.30まで上げると選択可能になるクエストが受けられる。
ハンターのHPと防御力を犠牲に更に高い火力を得た近接職、空中戦の得意なツインダガー、単体戦の得意なナックル、集団戦に得意なダブルセイバーが使用出来る。
また自分の位置によってダメージが増えたり、敵が弱体化していると更にダメージが増えたりするスキルを持ち戦略的な動きが必要とされる。いずれも倍率で増えるので非常に高い火力を出すことが出来る。さらにHPが半分になったり瀕死になったりすると更に火力が上昇するスキルもあり様々な運用が可能である。
ファンジ
捕縛型ダーカー。同マップの遠い場所に高レベルのメンバーを転送・拘束しそこにダーカーの大群を呼び寄せる。
対象が死亡する前に他のプレイヤーが救出に向かわねばならないのだが、
cβ以降ソロでも極稀に出現する可能性が出てきたためか、対象プレイヤーが内部から破壊することも可能。
耐久力はダメージではなく攻撃のヒット回数によるため、ヒット数の多いPAが威力を発揮する。
ブーストエネミー
ダーカーに極度に侵食され、狂化されたエネミー。クローズドβテストの新要素。
攻撃力などが上昇するが、『侵食核』と呼ばれる芽のような弱点が付加されドロップアイテムの質・経験値が上がる。
PSZより登場していた要素だが、こちらは容姿は同じでオーラエフェクト付きにとどまり、『侵食核』は存在していなかった。
フォース
精神力に長け、大気フォトンを自在に操るクラス。
遠距離や、多数に対する周囲の攻撃に加え、回復・補助までこなす多彩な特殊フォトンアーツ
「テクニック」を主力とし、局所的な威力に秀で、PP周りを成長させるスキルをも持つ。
代償としてHPの成長率が悪いため、レベルが高まるほど一度の被弾が致命傷に至りやすくなってしまう。
またHP一時的に下げることによって法撃力を上げたり、敵を凍結させてから爆発させたりなどトリッキーなスキルを持つ
コスチュームはフォトンと感応しやすい露出度の高いものが多い
フォトナー
クーナの言葉から。詳細不明。
フォトン
PSO以降のプレイヤー勢力における文明の基盤を担うエネルギー。
オラクルにおいては大気・人体を問わず存在し、
また先天性能力をある程度持つ者のみが連合軍「アークス」への入隊を許されるなど、
どうもグラール(PSU/PSPo)やハンターズ(PSO/PSZ)のような”文明に浸透し利用されている”ものとは考え難く、
どちらかと言うとSFらしからぬ「魔力」に近い概念武装であることが伺える。
ヒューマーの設定画に『フォトンエネル』、レイマーの設定画には『フォトンジェル』などといった記載が存在するなど、不透明な部分も依然として多いままである。
フォトンアーツ
キャラのフォトンポイントを消費して繰り出す必殺技。
単に威力が高いだけでなく、広範囲を一気に薙ぎ払ったり、敵を上空に吹っ飛ばす攻撃も存在する。
フォトンポイント
フォトンアーツを繰り出す際に消費し、時間経過と通常攻撃のヒットで回復していく。
ユニット装備や(現状ではFoのみ)クラススキルで最大値を成長させることが出来る。
フォトンツリー
チームルーム奥に生えている緑一色の木。フォトンウォーターで栽培されている。
最初は小さいが、ポイントを振っていくことで大きくなっていくと思われる。
フォトン適性*14
アークスになるために必須とされる先天的能力、いわゆる『フォトンを扱う才能』。
フォトンの扱いに長けるとされるニューマンでもこれに落ちている者がいることから、この基準は相当厳しいことが伺えるが……。
なおその才は男性より女性の方が理があるという点もあってか、アークスには女性の存在がかなり多い。
フォトン特化傾向*15
いわゆる『才能』の向き不向き。フォトン適性がアークスになる才能ならば、こちらはクラスの才能といったところか。
第三世代(プレイヤー)は自由にクラスを変えられるため、特に気にするほどのものではない。
しかし第二世代の中には、無理をして自らの特化傾向以外のクラスになっている者も存在するが、
当人たちいわく、やはり向いていないこともあってきついものがあるらしい。
武器
アークスたちが揮うフォトンを使用した武装は、大半が武器の刃部分などとしてコーティングされ、
今までのライトセイバーのような従来のものより実機の部分を多くしている。
またフォトン刃の色は属性を問わず、武器の種類によって固定されるものに戻った。
ウェポン区分には鑑定武器である「スペシャルウェポン」、雑誌などの付属アイテムコードより入手する武器「レジェンドウェポン」がある。
浮遊大陸
2012年8月のアップデート予定のフィールド。
惑星アムドゥスキアの外殻に当たる大陸。文字通り、大陸が無数に浮遊している。
時たま竜巻が発生する。
プレイヤー
キャラクター
プレイヤーがゲーム内で操るキャラクターのこと。
(対) ノンプレイヤーキャラクターNPC?
フレンドパートナー
ビジフォンで登録すると、フレンド登録した相手にNPCとして呼び出してもらえるようになる。フレンドパートナーを呼び出してクエストをクリアすると、双方がFUNを取得できる。
ブロック
⇒Block?
噴水
α1・α2テスト終了間際の恒例行事。
各ブロックで『お立ち台』付近などで集まったプレイヤーが絶え間なくジャンプする、その姿はさながら噴人噴水。
大人数集まったところではカットインを駆使したもの、思いのたけ(「強いられてるんだ!」など)を連打、かと思えば少人数のブロックはひたすら無言状態など、各ブロックごとに規模は大きく違い、またバリエーションに富む。
類似した恒例行事に『お立ち台』でのロビーアクションによるダンス、『ステージ』での参加者によるPSO48集合写真などがあげられる。

ベイゼ
ダーカーの天候兵器の一つ。周囲の原生動物を触手により吸血して成長し、
プレイヤー含め周囲のあらゆる生物を即死に至らしめる爆発を起こしてマップ全域のフォトンを汚染する。
非常に硬度が高いため破壊が困難で、生半可なアークスたちが爆殺されていった結果、
α2での「ダーカー調査:森林」では最終的なクエスト成功率が30%を下回るという事態になった。
cβにおいては発見報告が殆どなくなっているが、正式サービスにて実装された2つ目の市街地クエストや、フリークエストにて出現が確認されるようになった。
爆発後は一定時間マップ全域に血の雨の様なエフェクトの毒が充満し継続ダメージを受けるようになる。

 
 

ま行

マイショップ
ビジフォンで利用できる、プレイヤー間でアイテムの売買ができる機能。
不要だが特殊能力を持つ武装はここで売ったほうがいいが、値段には5%の税がかけられる。
また出店にはACで購入するチケットを使用し、その期間を確保する必要がある。
マイルーム
同一ID/同Shipのキャラクターがを共有するエリア。最大12人まで入室可能。
どうやら独自のBlockとして機能しているようで、
α2テストではプレイBlockが混雑していたため部屋に閉じ込められたり、
逆に部屋内のプレイヤーのみが強制ログアウトさせられることもあったようだ。
マグ
アークスで経験を積み、マグライセンスを取得したプレイヤーに寄り添う機械生命体。
アイテムを与えることで成長し、プレイヤーの能力を補強する。
今回ではさらなる機能追加が施され、幻獣に変身して一時参戦する超必殺技「フォトンブラスト」の他にも
自発的に攻撃や回復でプレイヤーを支援するようになった。
マザーシップ
惑星間航行船団オラクルの中心として、アークスシップを束ねている。
ここには「オラクル」における中枢を担う者たちが居住するとされ、アークスのメンバーは殆ど住んでいないという。
球体部分だけで約500km(月の直径が3,474km、およそ1/7のサイズ)といわれ、
OPにて、多数のアークスシップの背後に居てもなおその異常な巨大さが窺い知れる。
マターボード
matter board。シオンがプレイヤーのアークスに託した、ストーリーアイテム。
偶時を拾い集め必然となすらしい、ようは偶然を必然に変えるチートアイテム。
5x5以上のマスにわたって様々な指示が配置され、それをクリアしていくと『時空』に何らかの干渉をもたらすことができる。

 
 

 
 

メセタ
ファンタシースターシリーズ定番となった通貨単位。
基本はクエスト・オーダーの報酬やコンテナドロップという形でアークスに支給されるが、
先達のアークスたちを狩ったのか、何故か原生生物やダーカーといったエネミーが少額のメセタを落していくこともある。
メディカルセンター
PSPo2iの「祈祷」のように、何らかの能力に一時的な強化を施す。
PSO1では戦闘不能時の復帰地点であった。
メッセージパック
各惑星に遺された先遣隊である先達のアークスたちのメッセージ。惑星や敵についてのアドバイスが中心である。
なお今回ではパックへのアクセスボタンと攻撃ボタンが別々になったうえ、
メッセージを聞いている最中にも移動ができる。

 
 

や行

 
 

 
 

世果
「よのはて」と読む。レギアスが所持しているという、現状では彼専用のソード。
ヒューイ曰く「素でバカ強い上に、これまで持っているから勝てる気がしない」とか。

ら行

ラッピー
ファンタシースターシリーズのマスコットモンスター。
プレイヤーの攻撃を、死んだふり一つで煙に巻く不死身の鳥型生命体。かわいい。
ナヴ・ラッピーはペンギン体型だが、時空を旅しておりレア出現するラッピーはヒヨコ体型。きゅきゅ。
宇宙や時空の壁を越えて現れるその神出鬼没さは、ダーカーをも上回るとも言える。
また、季節ごとにコスプレ(例:バレンタインのラブ・ラッピーなど)をしているが、何処から衣装を調達しているかも謎。
ラピザイル
ラッピーでエグザイル。
ACスクラッチアイテムのラッピースーツと、ロビーアクションの「ダンス2 *16」を組み合わせた「お祭り」である。
クローズドβテスト終了直前にて、これを行ったブロックの存在が幾つか報告されている。
ランダムフィールド
PSO2では特殊なクエストを除き、突入毎にマップ構造がランダムで組み替えられる。
結果、毎回新たなマップが生成されることになり、二度同じフィールドに立つ事は無い。
ランチャー
使用時に動作が制限されるものの、遠距離を爆破できる強力なレンジャー専用の大砲。
ライフル
連射弾の他、貫通弾や爆発弾の発射など汎用性に優れた長銃。
レンジャーの標準装備で、アークスのものは3点バースト(一回の攻撃で3連射する)のアサルトライフルとなっている。

リリーパ
最近になって発見され、現在進行形で調査が進んでいる惑星。
プレオープンβテストに限定クエストを実装し、オープンβテストに正式実装。
惑星外観がボールに串が何本も刺さっているように見えるが、元の主だった文明が残した巨大建造物が未だいたるところに残存し砂の竜巻を形成しているため。
広大な砂漠フィールドや地下坑道に資源回収用など様々な施設が遺跡として散在するのだが、
この惑星に存在していたと思われる文明はダーカーによって滅亡に追い込まれ、そのままダーカーが徘徊する危険区域と化したようだ。
また、主を失った機甲種がしばしば出現し、外敵に対し攻撃を仕掛けてくる。
リリーパ族
惑星リリーパに生存している原生種族。
ウサギのような長い耳と、ぬいぐるみのような雰囲気と体型を持つ種族。
体長も(耳を除けば)アークスたちの腰に届くか届かないか程度。
ちなみに、クチマネ・ドールと顔が同じ。恐らく彼らをモデルに製作されたのだろう。
普段は周囲を警戒しているらしく、臆病な種族と推測される。
龍祭壇
2013年春実装予定。惑星アムドゥスキア・龍族の聖地。龍族に依頼され、アークスは奪還に挑む。
奥へ進むために砦を攻略する。また上位龍族の番人の存在が居る。
龍族
惑星アムドゥスキアの原生種族。
中でもディーニアン族などは独自の文明を持ち、言葉を解するが、十年前は友好的だったものの現在は排他的となり、アークスとは敵対しているのが現状。
打開の光明は未だ見えず。
龍族は長であるロ族をはじめ、ヒ族、チ族、コ族、フ族、キ族などに分かれている。なお、龍族の名前は『部族・個人名』の組み合わせとなる。
確認されている固有名は「ヒ・ロガ(ヴォル・ドラゴン)」、「ヒ・エン(ディーニアン)」、「チ・モブ(シル・ディーニアン)」、「コ・リウ(シル・サディニアン)」、「コ・レラ(クォーツ・ドラゴン)」「ロ・カミツ(不明)」の6名(?)。

 
 

レアリティ
ドロップアイテムの希少価値度。アイテム詳細で下記のように表記されている。*17
★★★★★★★★★★★★
★7を上回るとフィールド上でのシンボルが赤く表示される。
α2テスト時点の最高レアリティは★7(一部装備+グラインダー+シンセサイザー)。
励起
「れいき」と読む。
量子力学で原子や分子が外からエネルギーを与えられて、元のエネルギーの低い安定状態から高い状態へ移ることを差す。
レジェンドウェポン
雑誌「コネクト!オン」付録のアイテムコード武器、「ガエボルグ/ナハト」など、
アイテムコード配信された特殊装備に与えられた特殊なウェポン区分。
例外的に能力値制限が撤廃されており、能力値は低めだが最初から扱うことが可能であり、EXPブースト?がつくことが多い
また、闇色に染まったものが「(武器名)/ナハト」、白く染まったものが「(武器名)/リヒト」と呼称される。
レンジャー
フォトンの固着化に長けており性質変化させての弱点付与などを得意とする。
技量に長け、銃火器を扱うことが出来るクラスであり中・長距離から安定したダメージを与えていく他に、弱点を一時的に追加したりトラップを仕掛けたりと、敵を弱体化させる方面での援護・支援的な性格を持つ。
肩越し視点の恩恵を最も受けやすい。
コスチュームは射撃補正や衝撃緩和、周辺の環境情報の集約出来るような調整を意識した設定。

六芒均衡
アークス中でトップクラスの実力を持ち、絶対的命令権を与えられた6人。三英雄もこの中に含まれる。
選定は実力のみで選ばれ、設立から40年弱経過している。
トップクラスの実力=生存率が高く経験が長い者たちを意味するため、三英雄とともに士気向上の旗印という存在意義がある。
六芒均衡のメンバーは上から零番のクーナ、レギアス、マリア、カスラ、4番は不明、クラリスクレイス、末席にヒューイが居る
彼らはEトライアルでも稀に出現するがいずれも少し難易度が高くなる(チェンジオーバー率が高いなど)
ロッド
打撃戦に対応した長杖。装備しているとテクニックの威力が上昇する。
ロミオ
エラーコード630の通称。
クローズドβテスト時、初日からサーバー機器の不具合による通信遅延、回線切断時に表示され、テスターたちに多大なストレスを与えた。その後サーバー機器の構成変更により、不具合はほぼ解消され、延長期間であるフェイズ2ではほとんど見かけることはなかった。

わ行

ワイプ
データワイプ。データリセットのことで、サーバー=Ship内のデータを全消去する。
α1、α2、クローズドβ、プレオープンβテストまではワイプ対象になっており、
これらからキャラクターを引き継ぐことはできない。
ワイヤードランス
ファンタシースター世界では、アークスにおいて初めて確認された武装。
その名の通り、グリップと槍頭の部分がワイヤー接続され伸縮するもので、基本的に両手の二振りで1セットとなる。
ワイヤーの伸縮性を用いて広範囲をなぎ払う攻撃が行える他、標的を捕縛し投げ技を仕掛けるフォトンアーツが多い。
フォトンアーツの特性上仰け反らせやすい敵に対しては絶対的な威力を発揮できるが、それ故に常時頑強を備えるような巨大な個体や攻撃の手を緩めにくい相手は少し苦手。

 
 

コメント




Copyright© since 2011 PSO2 wiki